卵子提供プログラムに興味があるならエージェント会社に相談

妊婦

卵子提供プログラムご利用の流れ

紅葉のような手

40歳を超えての妊娠出産のごく限られた成功事例を見て、自分も大丈夫とのんびり構えているうちに、体がどんどん妊娠しにくくなっている。そんな女性は多いです。ようやく不妊治療を開始してみたものの、なかなかいい結果が出ない。そんな場合は、卵子提供プログラムを利用してみてはいかがでしょうか。
卵子提供プログラムは、より妊娠する可能性が高い若い卵子をドナーから提供してもらい、自分で妊娠、出産するという、不妊治療方法の一つです。この方法は、特に、不妊の原因が子宮ではなく、卵子にある場合に有効な治療方法です。
卵子提供プログラムご利用の流れは、担当するエージェンシーによって細かいところは変わりますが、概ねシンプルなものです。まずは、エージェンシーに問い合わせすることから始まり、面談の後、会員登録して契約を締結します。その後、卵子提供を受けるクライアントがドナーを選択すると、候補として選ばれたドナーの検査が行われます。検査結果に問題がなければ、採卵と顕微授精のステップに進みます。無事に受精が完了したら、培養の後、凍結保存し、後日、クライアントに移植します。その後、血液検査により妊娠判定を行い、出産へと進みます。
不妊に悩んでいる女性の方は、有効な治療法の一つとして、是非、卵子提供プログラムの利用も検討してみましょう。

不妊の悩みと卵子提供という選択

不妊症となる原因のひとつが、年齢です。30代後半に入ると体が衰えていくだけでなく、卵子も老化していきます。卵子の老化が始まれば、受精をしても流産しやすい状態となり、不妊症の原因となってしまいます。そんな悩みを改善したい時に有効な方法が、卵子提供プログラムです。
卵子提供プログラムとは、若くて健康な女性から卵子の提供を受け、配偶者の精子と体外受精をした後、母体に受精卵を移植していく方法です。若くて健康な女性から採取した若々しい卵子ほど、体内に移植をした時に流産をする可能性が低くなります。
そのため、妊娠や出産が難しくなると言われる45歳以上の女性でも、卵子提供プログラムを利用すれば子どもを産める可能性が出てきます。そのため、不妊治療を行っても結果に繋がらないと悩んでいるのであれば、エージェンシーに相談をするところから始めてみると良いでしょう。エージェンシーへの相談は、メールで気軽に行うことができます。
問い合わせから実際に卵子提供を受けるまでの期間や、何度目の移植で妊娠に成功するかは人によって異なります。そのため、少しでも早く子どもが欲しいと考えているのであれば、早い段階でエージェンシーとの相談を始めておく方が良いでしょう。

卵子提供についてとその費用について

卵子提供とは自分の卵子では妊娠が困難な方が、第三者から卵子の提供を受け、子供を授かる唯一の手段だと認められたときのみ可能である治療の方法です。この適応に関しては、「早発の閉経や卵巣の摘出により卵子が作られなくなった」ことや「体外での受精を何回繰り返ししても結果が伴わない」などが考えられます。
ですが、治療の遂行にあたっては倫理委員会などによる許可が必要になります。
基本的な治療としては、提供してくれる卵子ドナーから卵子を採取し、被提供者の夫の精子と体外で受精させることで、被提供者へと受精卵を移植するという流れになっています。卵子提供を受けられるための条件は、まず卵子が存在し得ない場合、また、6回以上の夫婦間で体外での受精でも妊娠や出産にならず、それらの原因が卵子の方である、これからの妊娠の可能性がかなり低くめとドクターが判断された場合があります。卵子提供の費用はだいたい90万円程度の金額が必要になります。それ以外にも費用はかかるのでよく相談してから受けることをおすすめします。
卵子提供はすぐ病院にかかることでも可能ですが、間にエージェント会社を挟むことで、話が進めやすくなります。優良な会社なら豊富なドナーを抱えているところもあるので、現在の状況にあったドナーを見つけやすくなります。


卵子提供は業界最大のメディブリッジ。メディブリッジでは不妊などでお悩みの女性を応援しております。