卵子提供プログラムに興味があるならエージェント会社に相談

妊婦

卵子提供エージェンシーとは?出産までを徹底サポート

こんにちわ赤ちゃん

不妊治療のひとつとして注目を集めている卵子提供プログラムを実施している専門機関のエージェンシーは、近年登録者が増え続けています。卵子の機能や卵巣に病気や障害を抱えているなどの事情があり、自然妊娠が難しい場合、第三者の卵子提供を受けて妊娠から出産に至るのが卵子提供プログラムです。このプログラムを受けるには、専門機関のエージェンシーに登録と申し込みをする必要があります。
エージェンシーにはたくさんのエッグドナーが登録されており、そのドナーは厳しい基準や検査を通過した者ばかりです。エージェンシーに申し込みを済ませたら、まずは夫婦そろって何度かのカウンセリングを行い、卵子提供に関する理解や知識を深めていきます。夫婦二人の意志が固まったら契約を行い、受け入れ策の病院を探し、その後エッグドナーとのマッチングを行います。
エッグドナーが決定したら夫婦とドナー女性検査や健康診断の後、両者の周期やタイミングを合わせて体外受精を行います。無事受精卵となったら、いざ体内に移植し後は着床が成立するまでを待ちます。着床が確認できれば、後は出産までの期間を定期的に診察とカウンセリングを行いながらしっかりとサポートしてくれます。