卵子提供プログラムに興味があるならエージェント会社に相談

妊婦

卵子提供なら閉経後の妊娠を目指すこともできる

マタニティ

日本人女性の場合平均的な閉経年齢は、50歳前後です。しかし、閉経をする年齢には個人差があり、人によっては40歳になる前に閉経をしてしまうということは珍しくありません。年齢に関わらず、閉経をしたらもう妊娠はできないというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、卵子提供という選択をすれば、閉経をした後でも子どもを産める可能性が出てきます。
早期閉経を迎える原因のひとつに、卵子の数の減少があります。そのため、若くても閉経を迎えるとその先は自然妊娠が難しい状態となります。早期閉経をしても、卵子が残っていれば治療によって妊娠を目指すこともできますが、卵子がなくなれば妊娠を諦めるしかない状態となってしまいます。そんな人でも、健康で元気な人から卵子提供を受け、受精卵を子宮に移植をすれば、妊娠できる可能性が生まれます。
実際に、早期閉経は勿論、加齢による自然な閉経を迎えた人でも、卵子提供によって妊娠をするということは珍しくありません。そのため、早期閉経をしたけれど子どもは諦めたくないと考えるのであれば、卵子提供に関するエージェントと相談をしてみると良いでしょう。提供を受けるまでには時間がかかることもあるため、早期閉経で悩んでいるのであれば早めの相談がおすすめです。