卵子提供プログラムに興味があるならエージェント会社に相談

妊婦

エッグドナーとは卵子提供について

新婚夫婦

第三者から提供された卵子で体外受精を行った受精卵を移植して妊娠および出産に至ることを卵子提供プログラムといい、その提供者となる人物をエッグドナーと言います。エッグドナーには一定の基準を満たした健康な女性しか登録することができず、実際にプログラムがスタートする際には入念なカウンセリングと検査や健康診断が行われます。
卵子提供による不妊治療を希望する夫婦は、登録されているエッグドナーの中から自分たちの希望のドナーを選ぶことができ、選ぶ基準は用紙やIQ、特技や経歴などさまざまです。卵子提供者の容姿や性格、持っている能力などが誕生する子どもに大きく影響を与え遺伝するため、エッグドナーを選ぶときにはどの夫婦も子どもがどんな風に育ってほしいかという事を念頭に置いて慎重に選んでいます。
中でも容姿の美しい女性はどのエージェンシーでも人気が高くなっています。希望のエッグドナーが決まったら、後は夫婦とドナーの両方の周期を合わせて、体外受精へと進みます。その後受精卵を妻の体内に移植をして妊娠の経過を見ます。無事出産までを終えるには最短でも1年から2年の期間を必要とするので、計画的にプログラムを進めていく必要があります。